2014年07月31日

金春屋ゴメス 西條奈加

金春屋ゴメス 西條奈加 新潮文庫
第17回ファンタジーノベル大賞受賞作にして西條さんのデビュー作。
近未来の日本には江戸を模倣した独立国があった。「江戸」と呼ばれるそこは、北関東にありながら江戸城を模した城があり、徳川将軍が立ち、江戸の都市を再構築した不思議な場所である。そこでは電気もなく車も電車も無い。江戸時代をそのまま現代へ移している。月にも移住している時代でありながら、江戸を再現していた。

辰之助は江戸で生まれたが両親の事情で5歳の時に日本に出国したが、死に瀕した父親のたっての願いで江戸に戻る。しかし、江戸への入国は300倍の競争率。おまけに一度出国したら二度とは帰れないという。辰之助が江戸には入れたのはそれなりの理由があった・・・。

まず、設定が素晴らしい。月にも移住する近未来にもかかわらず、江戸が独立国家として日本内にある。おまけに鎖国制度をとっている。そこに発生する事件を縦糸に主人公:辰之助のかかわりがキャラの立った登場人物が織り成す横糸をもって、不思議な模様が出来上がっていく。

そして題名となっている金春屋ゴメス。このゴメスは登場人部だが、なかなか破壊力抜群である。そのパワーと個性は並ぶものが無い。

一気に読めること保証付き。世界観が抜群の傑作ファンタジー
posted by 灯台守 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー