2014年06月07日

冷たい校舎の時は止まる 辻村深月

冷たい校舎の時は止まる 辻村深月 講談社文庫
著者のデビュー作。メフィスト賞の受賞作らしい。
センター試験が迫ったある日。雪が降りしきる中、学校に集まった8人。なぜか彼・彼女達以外は登校して来ない。その上、校舎の外には出られない。10月の学園祭の時に自殺した同級生の仕業なのか、8人の中に、その当人がいるのか。記憶は不確かになり、時間は止まっている。再び動きだした時計が五時五十三分になるとチャイムが鳴り、一人ずつ消えて行く・・・。

青春ダークファンタジーというのが適切か。特殊な空間の中、犯人探しをしつつ、8人の回想がしっかり語られる。あの高校時代の切ない、甘く苦い時間が描かれる。辻村さんは高校3年の受験シーズンに本作を書いていたそうだ。

他の作品にも、その傾向があるが、作品にこめられた謎と精神的な主題とが重なりあって、読後感はなんともいえない物が残る。本作も例外ではないが、微妙に張られたトリックが意外であり不覚にも号泣しかかった。そこを評価する人と、評価できない人に分かれる作品だろう。
posted by 灯台守 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ