2013年08月27日

水の迷宮 石持浅海

水の迷宮 石持浅海 光文社文庫

羽田にある国際水族館。そこに奇妙な脅迫が届けられる。脅迫の主は、水族館の展示物、つまり生き物を人質に取ったのだ。異物の混入や温度設定の異変を操作する犯人。対応を図る館員をあざ笑うように殺人が起こる。

犯人の目的と、その結末は?

綿密なストーリーとプロットに加え、結論へ導く手腕は評価できる。内容が気に入るかどうか、結末の始末が気に入るかどうかで評価が決まるだろう。
posted by 灯台守 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ