2013年06月07日

剣客商売 春の嵐

剣客商売も早や10巻。「春の嵐」を読了。

春の嵐は、剣客商売の初の長編。三冬が懐妊した前後の話である。
江戸の町に「秋山大治郎」を名乗る不審な辻斬りが立て続けに発生する。やがて狙われるのは松平定信の家臣におよび、田沼意次との反目につながる。

怪しい頭巾の武士の正体は誰か? そして、懸命にその武士を探す弥七と傘徳たち。小兵衛の考えは如何に。

posted by 灯台守 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) |