2013年03月25日

魔術師ベルガラス エディングス

魔術師ベルガラス エディングス
三冊組の「ベルガリアード」「マロリオン」の別冊である。続編というか副編というか「魔女ポルガラ」もある。ベルガリアードやマロリオン、エレニア記/タムール記は面白いのにドラル国になるとつまらなくなるのは何故だろうと考えてしまう。神がいて、そのお気に入りの人々と悪との戦いという典型的なストーリーなのに、不思議である。

今回、事情があって105円で購入したものを自炊。エディングスは全部一台のReaderに入ってしまった。無くさないし、いつでも読める♪
posted by 灯台守 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) |