2013年02月08日

復刊ドットコム奮戦記 佐田野渉

復刊ドットコム奮戦記 佐田野渉 築地書館

1982年〜83年ごろ佐藤さとるファンタジー全集という16冊組の本が出版された。当時、一冊980円だったと記憶している。白いカバーの可愛い本だった。時は流れ、1999年。私が佐藤さとるさんの公認WEBを立ち上げた頃には品切れ状態であり、古書店を回るしか入手できなかった。さらに熱心なファンの方もいて、かなり高額で取引されていた。その本を再刊されたのがこの「復刊ドットコム」である。

本の再出版は、単純なことではない。権利者との整合をとり、販路を求め、さらに利益も確保しなければならない。綺麗ごとではすまないものである。やむなく撤退したことも書かれていて、生々しい。

しかし、その根底に流れる「本」への愛情を、ひしひしと感じることができる優しい本だった。これからも期待してよいかもしれない「復刊ドットコム」だろう。
posted by 灯台守 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年02月06日

ホーム・べーカリーを買う

ゴパンに興味があったので、「買いたいなぁ・・」とは思っていたが如何せん値段が高い。もっと格安で、万一使用しなくなっても納得いく価格が良いと思って探索する。

で、ありました。Amazonで7000円を切る価格で、もちろんパン、米粉パンからうどん、パスタやお餅まで、その他いろいろ出来る。まずは、明日朝出来上がるように材料を仕込み、タイマーセット!!

出来上がりが楽しみ。
posted by 灯台守 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2013年02月05日

リヴァイアサン -クジラと蒸気機関- スコット・ウエスターフェルド

リヴァイアサン -クジラと蒸気機関- スコット・ウエスターフェルド
ハヤカワの新・SFシリーズの一巻目である。今もっとも熱い、「スチームパンク」である。
時は1914年のパラレルワールド。ダーウィンが発見したDNAを変化させ、改造生命を駆使する陣営と機械文明を発達させ、すべてを凌駕させようとする陣営が反目する世界。その中で、オーストリア帝国の大公の息子と男装の少女が空飛ぶ改造生命のクジラで邂逅する。

三部作の一巻目。さっそく残り2冊を注文した。
posted by 灯台守 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | SF

2013年02月03日

佐藤さとるさん、「だれも知らない小さな国」復刊。

佐藤さとるさんの「だれも知らない小さな国」が復刊されます。現在、予約受け付け中とのこと。

下記urlから、どうぞ。

株式会社あかつき

限定1000部ですので、よろしくお願いします。
posted by 灯台守 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2013年02月02日

ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾

ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾 角川書店
ナミヤ雑貨店は、身の上相談をうける雑貨店。その雑貨店の店主も年をとり引退を決意する。そして年月は過ぎ、三人の若者が深夜、主のいないナミヤ雑貨店に進入する。そして、彼らは古ぼけた牛乳配達のポストに不思議な相談の手紙があることを見つける・・・

ナミヤ雑貨店を巡って、過去と現在を飛び越えて相談の手紙が行き交う。なぜ、彼ら三人は手紙を見つけたのか?その回答とは、いかなる事態を生むのか?

東野圭吾が描く、時間と運命をキーワードにしたファンタジー。巧みな運命の糸を操る東野圭吾の魔術に堪能できる一冊だろう。
posted by 灯台守 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー