2013年01月21日

遺恨の譜 勘定吟味役異聞(七) 上田秀人

遺恨の譜 勘定吟味役異聞(七) 上田秀人 光文社文庫
大奥の探索を命じられる水城聡四郎。寿命が尽きようとしていることを悟っている柳沢吉保は、謀を紀伊国屋文左衛門に託すが・・・。吉宗から紅の養子を命じられる相模屋と聡四郎、八代の座を狙う彼の狙いは何か?

なかなか奥が深いこのシリーズ。あと1冊、最終巻のみとなる。
posted by 灯台守 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物