2013年01月14日

相剋の渦 勘定吟味役異聞(四) 上田秀人

相剋の渦 勘定吟味役異聞(四) 上田秀人 光文社文庫
家継の養育係である間部越前守の秘密を握った新井白石。しかし、その証拠の品は、水城聡四郎自身が燃やしていた。その行為をとがめた白石は、聡四郎を遠ざける。一方、尾張藩の浪士となったお旗組みは紀伊の吉宗を狙うことになる・・・
同じころ、聡四郎の剣の師匠である一放流・入江無手斎のライバルである一伝流の達人が現れる・・・

久方ぶりの勘定吟味役異聞。これで全体の半分が過ぎた。あと半分か。
posted by 灯台守 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物