2012年12月14日

雲霧仁左衛門 下 池波正太郎

雲霧仁左衛門 下 池波正太郎 新潮文庫
尾張・名古屋での一幕の後、雲霧の一団は、江戸を目指す。尾張で雲霧の動向を探る高瀬と政蔵は、江戸への帰還命令をうけ、やむなく東海道を江戸へ向かうが・・・

「最後の仕事を・・・」と漏らす雲霧仁左衛門、その一団をじわじわ追い詰める火付盗賊改メの同心達、江戸での狙いは何処か?その決行は何時か?

現在のサスペンス物と比較しても遜色ない構成と、一転二転し交錯する思惑が読者を魅了して止まない。池波正太郎の本領発揮といえる作品だろう。盗賊と盗賊改メという相反する者達が、それぞれの矜持を抱いて対峙する様は心地よさを感じるものだといえる。
posted by 灯台守 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物