2012年12月13日

雲霧仁左衛門 上 池波正太郎

雲霧仁左衛門 上 池波正太郎 新潮文庫
江戸を揺るがす大泥棒の雲霧仁左衛門。蔵に眠る千両箱を狙い、引き込みと呼ばれる仲間を目指す大店に潜入させる。数年かけて信頼を得た後、雲のように忍び込み、霧のように消える盗賊の一団のお話。

前半は、江戸を引き払い尾張・名古屋での攻防戦を描く。火付盗賊改方長官安部式部の配下、山田と高瀬の両名は雲霧仁左衛門の一党を追って尾張・名古屋に赴く。その雲霧仁左衛門の一党を監視する謎の一団。さらに高瀬の通う道場の師範、関口雄介はどのようなかかわりを持つのか?
posted by 灯台守 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物