2012年11月25日

カラスの親指

「カラスの親指」は伊藤匡史監督作品。主演は阿部寛、共演は吉本の村上ショージ。
タケ(阿部寛)とテツ(村上ショージ)は詐欺師二人組み。ひょんなことから、アパートを追い出された姉妹と同居することになる。しかし、タケを狙う闇金融のヤクザが現れるが・・・

ミステリーな映画。スティング張りのドンデン返しを仕掛けてくる。まあ、ネタの面白さは見ての通り。スティングほどの鮮やかさは無いけど、トリックは面白い。

配役の妙は、やっぱり村上ショージ。よくまあ、このアサインを思いついたという感じ。見終わると「なるほど、はまり役」というのがぴったりの表現だろう。石原さとみと妹役の能年玲奈も、なかなか。(そか、カルピスのCMの子かぁ。)

めちゃくちゃ絶賛ではないけど、及第点かな? DVDでも良し。160分はちと長いので、映画館で見るのは難しいかも。
posted by 灯台守 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画