2012年11月11日

シルク・ドゥ・ソレイユ 彼方からの物語

ジェームズ・キャメロン製作、ヒロインはエリカ・リンツ。彼女は、シルク・ドゥ・ソレイユの団員。
町外れに来たサーカスに訪れる少女は、空中ブランコの男性に引かれる。彼も彼女が気になるようだった。しかし、ブランコの演技中に落下すると、いきなり・・・

彼女は、彼を探し始める。世界を巡り、さまざまな人々に出会う。

ストーリーを求める人には退屈かもしれない。その分、シルク・ドゥ・ソレイユの演技というか出し物というか、桁違いにスゴイの一言。普通に、なんの苦労も感じさせないので、「あれが出来てあたりまえ?」という感じになる。

想像力を翼にはばたけば、ジェームズ・キャメロンとシルク・ドゥ・ソレイユが、世界の彼方の物語を見せてくれるだろう。
posted by 灯台守 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画