2012年11月19日

小太郎の左腕 和田竜

小太郎の左腕 和田竜 小学館
くしくも、昨日見た映画「のぼうの城」の原作者の本。本作は三冊目にあたる。

時代は、戦国時代のちょっと前。まだ群雄割拠する直前であり、各所に土族の領主がいた頃が舞台である。林半右衛門は、「功名漁り」の異名をとる武士である。無骨を絵に描いたように、戦場を駆け巡り敵を蹴散らしていく。その半右衛門が戦の最中に御屋形様の甥の危ういところを助けるはめに陥る。命からがら脱出するが、心底疲れはてた所を地猟師に助けられる。その猟師の孫が小太郎だった・・・。

小太郎に隠された謎とは?なぜその猟師は、小太郎に火縄銃を撃つなといったのか?

司馬遼太郎や池波正太郎などの時代物ではなく、ライトノベルや脚本に近いエンターテイメントである。これはこれで、楽しめる。かなりデフォルメして書かれているが、ある意味、戦国時代の武士の気骨、領主と家臣の関係、男と男の理想などを説いていると見ても良いかも。主人公の林半右衛門やライバル・花房喜兵衛の描き方は気持ちの良さが感じられる。一方、悪役?の戸沢図書は、悪人として書くかと思えば、深い理由がある振りだけ書かれていて、ちょっと中途半端ではある。

総じて「楽しめれば勝ち」と思って読める人には良い物語。かなり無理な設定はあるにはあるが、時代物の入門編として考えれば、良い本だろう。
posted by 灯台守 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物

2012年11月18日

のぼうの城

のぼうの城 犬童一心と樋口真嗣の共同監督、野村萬斎が主演。

秀吉が、攻め滅ぼすことが出来なかった唯ひとつの城、忍城(おしじょう)の攻防をめぐるお話。
二万を越える石田三成軍と、500騎の成田軍。一見、勝つ見込みなど無さそうな成田軍を率いる城代の代理が成田長親だった。「のぼうさん」と言われ、うつけと言われるが、民衆から慕われる魅力はずば抜けていた。

珍しく、長い映画。2時間半近くある。特筆すべきは、主演の野村萬斎。この映画は、彼が主演を演じたことで、8割方成功したといえるだろう。また上地雄輔もよい。一般的に良い印象の無い石田三成を、彼の気質だろうが「まっすぐな青年」として好演していた。

史実に忠実につくっているが許される範囲でコミカルな表現もあって見ていて飽きない。エンディングも工夫されている。王道のエンターテイメント歴史映画を見せてもらったという感じ。
posted by 灯台守 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2012年11月17日

吉川英治が105円で

吉川英治さんの文庫が多量に105円コーナーにあった。「宮本武蔵」が揃っていたので、買っても良いかなぁと考えた。しかし、そろそろ没後50年で著作権も切れる寸前か?と思いつき、来年の青空文庫に期待することにした。帰宅して確認すると、すでに100冊以上が、作業中のようだ。

年明けが、ちょっと楽しみ。
posted by 灯台守 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2012年11月16日

カドフェル 105円・・・

BookOffによって、例のごとく105円コーナーを見たらショックな事が・・・

修道士カドフェルが全巻105円で並んでいた。驚愕。とりあえず、1冊だけ旧版だった「デーン人の夏」を購入。

なんとも、不思議な気分。いっそ「全巻買おうか」とも思ったが思いとどまった。う〜ん、難しい。
posted by 灯台守 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | あれこれ

2012年11月15日

世界樹の影の都 N・K・ジェミシン

世界樹の影の都 N・K・ジェミシン ハヤカワFT文庫
「空の都の神々は」の続編である。三部作で構成されるこの物語のうちの第二部にあたる。

主人公は盲目の少女。ある日、現れた得体の知れない一人の男を助けたことから、平穏だった日々は嵐の日々となる。殺される子神、乱立する異端。世界樹の根元で暮らす人々の中で、彼女は見えない目で何を見るのか?

予想も付かない展開と、男女のジェンダーの課題や、宗教の問題をはさみつつ、生と死を乱暴に振り回されていた感触が残るような話であった。素直に喜べないエンディングではあるが、やっぱりハッピーエンドなのかもしれない。

すでにUSでは出版されている第三部の邦訳を期待しつつ待とう。
posted by 灯台守 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2012年11月14日

家族で落語会へ

先日、家族で落語会へ行った。
桂米團治、桂吉弥、柳家喬太郎、柳家三三という豪華メンバー。

出し物は、
・青菜
・抜け雀
・浮世床
・七段目
というもの。家内と息子は、「七段目は面白かったけど、よくわからんかった」という感想。
息子は「討ち入り」とか「八百屋お七」と言っても内容知らないだろうし。

やっぱり、喬太郎さんは上手い。「抜け雀」の宿屋の亭主は最高だった。新作を聞きたかった感もあるが、まあいいか。三三さんは、古典のお手本のよう。三月に、また来るらしい。チェックしておかなくちゃ。
posted by 灯台守 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2012年11月12日

うさぎのくれたバレエシューズ 安房直子

うさぎのくれたバレエシューズ 安房直子・作 南塚直子・絵 小峰書店

ある日、踊りの好きな女の子のもとに、バレエシューズがとどく。その靴を履いてうさぎたちと踊る女の子のお話。

このダブル直子の絵本は、見た目はおとなしい。でも考えようによっては、深い。女の子のシューズはボロボロになるが、彼女ははだしでも同じように踊れるようになる。うさぎのシューズは何だったのだろうか?

昔子供だった大人は、いまでもボロボロのシューズを大切にしているだろうか?この少女のように。シューズなしでも、上手く踊れるだろうか? 私には、自信が無い。

やさしいタッチで深い話を、これまたやさしい、でも誰も真似できない絵で描く。稀有な絵本。
posted by 灯台守 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学