2012年10月13日

刃傷 -奥右筆秘帳- 上田秀人

刃傷 -奥右筆秘帳- 上田秀人 講談社文庫
秘密を知った立花併右衛門を消そうとする伊賀者。柊衛悟の腕を知った彼らは、江戸城内で併右衛門を襲う。が柊衛悟が居ない城内で、併右衛門はどうするのか?「筆の力、思い知らせてやる」という奥右筆の底力を知る・・・

ついに、動き出す朝廷・僧兵たち。松平定信、一橋治済、寛永寺の僧兵らが一斉に家斉を狙うのか・・・
posted by 灯台守 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物