2012年10月12日

隠密 -奥右筆秘帳- 上田秀人

隠密 -奥右筆秘帳- 上田秀人 講談社文庫
幕府の重大な秘密を知った立花併右衛門。松平邸からの帰りに襲われるが、柊衛悟が守りきる。しかし、瑞紀との縁組を成し遂げたい松平主馬の次男は、彼女を誘拐する。

奥右筆の立場を守るため、ついに松平定信の誘いを跳ね除ける併右衛門だが、次々に襲い来る敵。衛悟は守りきれるのか?

緊迫の続く7巻。敵も味方も無く、あるのは政の闇のみか?
posted by 灯台守 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物