2012年10月10日

秘闘 〜奥右筆秘帳〜 上田秀人

秘闘 〜奥右筆秘帳〜 上田秀人 講談社文庫

シリーズ6冊目。ついに、松平定信に刺客の手が伸びる。

将軍継嗣をめぐる最大の謎、家基急死事件。その謎について、老中大田に問われた松平定信は、立花併右衛門に調査を命ずる。その謎とは・・・

柊衛悟も、師範代になり師に「真剣なら勝てるかどうかわからん」と言わせるまでの腕になっていた。

政(まつりごと)の闇に蠢く者たちに、併右衛門と衛悟は、どう立ち向かうのか?
posted by 灯台守 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物