2012年10月08日

秋の模様替え

前回が遅かったので、今回は早めに。

これで11月末までは良いか・・・と思ったり。
posted by 灯台守 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

白雪姫と鏡の女王

白雪姫と鏡の女王 ターセム・シン監督作品。
ジュリア・ロバーツが始めて悪役を演じた作品であり、フィル・コリンズの娘、リリー・コリンズが白雪姫役で出演している。

衣装デザイナーでアカデミー賞も受賞している石岡瑛子さんの遺作でもある。たしかに、素晴らしい衣装の数々を見せてくれるし、造形と映像の美は「これぞ映画」と言えるものだった。ストーリーもこれまでの白雪姫のイメージから自立する白雪姫をめざしたところは良いし、ストーリーや端々のセリフも粋なものが多かったように感じた。

まあ「スノー・ホワイト」も「白雪姫と鏡の女王」も、ハリウッドはグリムのようなファンタジー色に染まっているのかもしれない。早々に「ホビット」も来るし、「ヘンゼルとグレーテル」の後日談の映画も来る。粗製乱造にならないことを祈るのみ。
posted by 灯台守 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画