2012年09月22日

陰陽師 瘤取り晴明 夢枕獏

陰陽師 瘤取り晴明 夢枕獏 文藝春秋
村上豊氏のカラー挿絵が豊富に入っている単行本版。村上豊氏の絵がすばらしい。

瘤取り爺さんの話を元に、困った爺さんを晴明が助ける話に持って行ったところは美味しいかも。平安の闇の中を照らす光を描くようで、太陽ではなく月のそれに近いと思ったり。そこに笛の音がくわわり一層妖しさを増すが、恐怖ではなく「もののあわれ」を感じさせる。

岡野さんだと、どう表現するのか、ちょっと興味がある一冊かもしれない。
posted by 灯台守 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー