2012年09月16日

アベンジャーズ

アベンジャーズ

ジョス・ウィードン監督作品。アイアンマン/アイアンマン2/インクレディブル ハルク/マイティ ソー/キャプテン・アメリカというマーベルのアメコミヒーローが活躍する映画の集大成。

オールスター夢の競演映画であり、ご都合主義を超えたご都合主義かも。でも面白い。うまく作ってある。遊び心満載であり、やはりハリウッド映画といえる。その中でも、アイアンマン=トニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jrは存在感抜群で、場面をさらっていく。

エンド・クレジット直前には、続編のお知らせ的なカットもあるし、エンド・クレジット後のお遊びも良い。早々に出て行った人は、残念無念ですね。(気付かないと思うけど)

最後に、「2013年GWにはアイアンマン3!」というお知らせもあったし、マーベルのアメコミ映画ビジネスは続くんだろうな。
posted by 灯台守 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画