2012年08月27日

天より授かりしもの アン・マキャフリー

天より授かりしもの アン・マキャフリー 創元推理文庫
これも、「もしも願いがかなうなら」と同様、ファンタジーの中篇。
王女ミーアンは、制限された王宮生活を嫌っていた。その上、ぞっとするような男爵と結婚しろという。まんまと城を抜け出した彼女は、古い記憶をたどり森の小屋にたどり着く。生活もままならぬ彼女の前に現れたのは、傷だらけの少年だった・・・

緑の指を持ちながら、王宮で土いじりさえさせてもらえない王女と、何かを隠し持つ少年。ファンタジックな秘密は何か、少年の正体は何か? 真実を知ったときに王女は?

アン・マキャフリーが、鮮やかに描くロマンティック・ファンタジー。これまた品切れだが、Amazonでの入手は簡単の様子。
posted by 灯台守 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー