2012年08月14日

しまった!!

梅雨前に、「それように」webデザインを変更した後、夏 真っ盛りになっても変更してなかった。

失敗、失敗。

立秋になってから、模様代えするヤツでした。
posted by 灯台守 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

ファンタジーと日本語と英語

つい最近まで、「英語・・・しゃべれなくて良いから読むだけでも」と思っていた。なにせ、ファンタジーの本場は英語圏、アメリカのそれは裾野が広い。おまけに長い。主だった作家の代表作は訳されても未訳のものやシリーズ最新刊を読みたいのは人情である。しかし、自分の英語能力はそれほど高くは無い。電車でペーパーバックを片手に乗ってっている人を見るとうらやましい限りである。

その環境も、ちょっとずつは改善してきている。電子ブックリーダーのおかげである。Kindleであれば、辞書と連動してタッチ一発でわからない単語もすぐ意味が解る。Wifiにつながっていれば、パラグラフ単位の翻訳も(かっとんだ訳ではあるが)サーバが翻訳してくれる。良い時代になったものだ。

そんな中、今読んでいるのが時代小説。以前に書いた記憶があるが、「時代小説はある種のファンタジー」という説を思い出している。こればっかりは英語文化圏には無い楽しさだ。どんなに日本語ダケが上達しても「三つ葉葵」の紋所の意味は解らないだろうし、真剣勝負の醍醐味は理解できないだろう。

ちまちま有効・効果を狙う柔道もポイントを稼ぐレスリングも「アリ」だが、すばらしい一本を見せてくれる柔道や圧倒席強さを見せてくれるフォール勝ちも「アリ」なのである。騎士道も良いし、侍魂も良い。英語も日本語も捨てがたい文化なんだろうな。
posted by 灯台守 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ