2012年08月10日

カヤンとクシ 坂田靖子

カヤンとクシ 坂田靖子 潮漫画文庫
坂田靖子セレクションの第3巻。このシリーズはお買い得だと思う。なにせ、最近の古書店で105円の文庫で入手が比較的容易だし、なんといっても坂田靖子さんの傑作シリーズだし、ファンタジー好きなら「外れ」はない・・・と思うけど。

夏休みに部屋の掃除をして、本の整理をした後、例によって古書店に本を売りに行ったときに「ミイラ取りがミイラになる」を実践するべく「古書を売りに行き、古書を買う」を実施した結果、掲題の本にたどり着いた次第。当然、二冊目で、オリジナルの単行本、文庫本双方ともあるが、自炊して電子ブックリーダーで読む用に購入した。

「カヤンとクシ」は、いかにもアジアな雰囲気で描かれるファンタジックなお話連作。怪談と言うよりも奇譚といった方が正確だろう。ヤシの木陰で座椅子に寝そべって読みたい気分ではある。

この潮文庫シリーズが105円で売っていたら、オススメである。なんせ缶コーヒーよりも安い・・・。良い時代になったというべきか、ちょっと悩む状況では或るが。
posted by 灯台守 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ