2012年07月22日

青空文庫の中島敦

koboのおかげ・で青空文庫を再度探している。やっぱり鉄板は、中島敦である。

良いのは「山月記」「名人伝」「悟浄歎異」が好み。とくに名人伝の突き抜けた描写は、これをもって中国ファンタジーの嚆矢としたい。(と思ってしまう)

「李陵」や「弟子」も良いが、ファンタジー好きの私としては、「名人伝」の面白さを一押しにしたい。矢の名手がとことんまで行き「こう落とすのか!!」という落ちまで哲学的でさえある。

未読の方は、一読されたい。
posted by 灯台守 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) |