2012年06月20日

エイリアン秘宝街 菊池秀行

エイリアン秘宝街 菊池秀行 朝日ソノラマ
なつかしの「朝日ソノラマ文庫」がオリジナル。今は入手すら出来ない状態。しかし2作合本の新書版があって問題はなし。おまけで書き下ろし短編もある。(というか、これで買わせる作戦。解りやすい)

主人公は八頭大。18歳の高校生。職業:トレジャーハンター。代々続く宝探しで得た財産は莫大。その財力をフルに活用し、その装備は軍隊並み。最新の科学兵器を駆使して宝探しを遂行する。相棒の太宰ゆきと正体不明の敵に遭遇する。

と、いうか全編ハチャメチャではあるし、或る意味トンデモ本的な部分もある。高校生が一国の総理を自由にし、軍隊レベルの重火器を使い、金ですべてを解決するというもの。ヨガを駆使し、格闘技もスーパーマン級である。でも、絶妙のバランス感覚がこの人の持ち味。美的センスはあるし、出現する怪物・モンスターも、一筋縄では行かない描写が続く。まさに映像を見せてくれるSF作家である。

久方ぶりに読み始めたが、止まらなかった。さすが伝奇SFの菊池秀行である。
posted by 灯台守 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) |