2012年06月03日

M.I.B 3

M.I.B 3 バリー・ソネンフェルド監督作品
シリーズ3作目。主役は、ウィル・スミス演じるエージェントJとトミー・リー・ジョーンズ演じるエージェントK。エージェントZが逝去し、代わりとしてエージェントOがリーダーとなる。おりしも月の異星人刑務所から、ボグロダイト星人・ボリスが脱獄し、地球に向かう。
40年前にそのボリスの片腕を飛ばし逮捕したのは、Kだった。Kに復讐を誓うボリス。ボリスは40年前にタイムジャンプし、Kを亡き者にしようとする。異常を感じたJは、Oから情報を得てタイムジャンプし40年前にたどり着くが・・・

今回も、前二作と同様CGをフル活用したSFエンターテイメント。主役の二人はやっぱり上手い。さらにエージェントKの若き日を演ずるジョシュ・ブローリンも名演。良い味を出していた。映画の宣伝で出演したTVでも二人が褒めていた。

また、タイムトラベルものの鉄板を踏襲しつつ、意外なエピソードも挿入していて結末の持って行き方、結び方も「さすが」と感じられた。3作のうちでは、一番良かったと思える出来上がりと評価したい。
posted by 灯台守 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画