2012年05月27日

M.I.B

M.I.B メン イン ブラック バリー・ソネンフェルド監督作品。というよりもスピルバーグ総監修のうち、もっとも売り上げた作品の一つと言ったほうが早いかも。

ニューヨーク市警のジェームズ・エドワーズは、犯人と思われる人物を追跡中、宇宙人だと気がつくが、エージェントKによって記憶を消される。Kはジェームスの素質を買ってM.I.Bに引き入れようと画策する・・・

いわゆるアメリカの都市伝説である「黒ずくめの男が、UFOを見たり、宇宙人に合った面々に『このことは他人にしゃべるな、無かったことにしろ』と脅したり、後処理をしていく」という内容をパロディにしているSFコメディ。DVDがどっかにあったと思って探したが見つからず、結局[M.I.B 2]は発見したが1は見つからず。結局、TSUTAYAでレンタル。そうしたら、金曜ロードショーで放映・・・ なんだかなぁ。でも50円なり。(^^;

やっぱり、トミー・リー・ジョーンズは上手い。味がある。逃亡者でアカデミー賞を受賞するまで評価が低かったとは思えない。逆に、その時代が無駄ではなかったと思わせる、文字通りいぶし銀の存在だろう。ボスのコーヒーCMを見るたびに、そう思う。一方のウィル・スミスは、上手いというよりも元気一杯。まあ、歌も歌うし、演技も上手いとなれば引っ張りだこだろう。

[M.I.B 3]に向けての予習の一環としては、なかなか有意義であった。純粋にエンターテイメントしている良い映画だった。
posted by 灯台守 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD