2012年05月06日

105円の本

Book Offにて105円のSFを大量購入。ネビュラ賞/ヒューゴー賞/ローカス賞を銘打ってある本が105円でずらずら並んでいるのは、勿体ないことこの上ない。「闇の左手」「エンダーのゲーム」「タイガータイガー」等々、7冊ほど購入したが、1000円以下。すでに早川SF文庫は一冊当たり1000円を超えることも多々あり、得した気分。

しかし、積読が増加中。(苦笑)
posted by 灯台守 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

宇宙兄弟

宇宙兄弟 森義隆監督作品。
講談社のモーニング連載のマンガを原作とした、小栗旬、岡田将生が主演。
南波六太(なんばむった)と弟の日々人(ひびと)は、ある日UFOを目撃する。その日から、宇宙に行き、月面に立つことをめざす。弟は、夢を追い宇宙飛行士になるが兄は自動車の設計技師となる。しかし、弟の日々人を馬鹿にした重役に頭突きをして会社をクビになり、JAXAの宇宙飛行士募集に応募する・・・

原作の10巻あまりを2時間強に収めるには無理があったというしかない。小栗旬も岡田将生も熱演でなかなかうまい。それだけに残念。前編・後編で描いてもよかったと思うが、興行的には無理か。

宇宙を目指すという想いと現実との葛藤が描かれていて、その部分は大いに共感した。しかし、ついつい原作と比べてしまい、損をしている部分もある。それだけ原作がよいということかも。

ビックリしたのは、Buzz Aldrinが本人役で出ていたこと。ご存命だとは知っていたが存在感ありあり。
posted by 灯台守 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2012年05月05日

微妙にハズした本 from 図書館

読む本が、必ずアタリなら世の中の人、みんな読書家になるでしょう・・・ということで、備忘録的な微妙にハズした本。from 図書館。

・電子ブック自炊完全マニュアル 戸田覚
 たぶん、この本に乗っていることはすでに知っていることだった。新しい知識は無かった。残念。おまけに、情報がいまひとつ狭く、ネット上の情報にはかなわない。

・情報は一冊のノートにまとめなさい 奥野宣之
 「超整理法」のバリエーション。ポケット一つの原則と時系列の組み合わせ。パソコンとの二重管理は無理だな。よくよく考えると、EverNoteで十分。

・本を探す本 本の探偵団
 1998年の本。この時点で無意味だと思えばよかった。本の情報はネットから。ネットが十分条件とは思わないが、必要条件ではあると思う。
posted by 灯台守 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) |

王様の勉強法 荒俣宏 中谷彰宏

王様の勉強法 荒俣宏 中谷彰宏 メディアワークス
図書館で4冊、同系統の本を借りたが良かったと思えるのは、この一冊。さすがこのご両人の本である。べつに受験のための本でもなく、勉強法の本でもない。お二方の「知」へのアプローチ方法を書き記した本だと思えばよいと思う。

荒俣さんは、よく知っている方だが中谷さんはあまり深くは知らない方。その二人のアプローチ方法はかなり違っていて、たぶん一般の方には参考にならないだろう。でもこういう考え方もありかと思うことは刺激になる。

狩猟民族、農耕民族、遊牧民族の違いについてとか。
博覧強記になるためにはどうするかとか。
男は空間的に、女は時間軸で生きているとか。
各国の映画、日本映画の違いとか。


ためになると思うか、唸るか、白けるか・・・それはあなた次第。
posted by 灯台守 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年05月04日

一泊二日の帰省で・・・

昨日は、一年ぶりの大学時代のサークル仲間と集会。宴会ではないのが不思議。今日は、朝一で車で帰宅。この時期と盆と正月は、四国の高速も車が多い。でも渋滞はめったに無いかも。
posted by 灯台守 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2012年05月02日

頭のうちどころが悪かった熊の話 安藤みきえ

頭のうちどころが悪かった熊の話 安藤みきえ 理論社
いわゆる寓話と言う分野になるのだろう。話は受け手によって千変万化するし、送り手の技量との相性によっても、百花繚乱となるか、支離滅裂になるか左右されると思う。

深く受け取るか、浅めに流すか。あなた次第。或る意味、怖い本でもある。

記載漏れ。かなり前に読んだ本で、ももたろうの同人の集まりに参加したとき思い出したので、再読。
posted by 灯台守 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年05月01日

風薫る五月

五月は好きです。命の息吹を感じることができる五月。新緑の五月。
五月病とかいうけれど、五月には何かパワーを感じます。

さて、GW真っ只中。今日、明日は学校・仕事の方もいらっしゃるでしょうけど、私は連休真っ只中。

今日は、遠藤淑子のスキャンで終ってしまいましたとさ。
posted by 灯台守 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ