2012年04月06日

三匹のおっさん ふたたび 有川浩

三匹のおっさん ふたたび 有川浩 文藝春秋
還暦三人組が復活して、再度のお目見え。嫌いな人は「ご都合主義!」と叫ぶが、好きな人は「よ、待ってました!」と声が飛ぶ。ご近所限定のジイサンパワー炸裂。

ジイサン三人も良いが、祐希と早苗のその後や大学入試の話とかシゲさんの息子・康生の話などもある。個人的には、甲乙つけがたい話が並ぶが、お祭りの顛末と本屋の収入のエピソードが良かったと思う。

この話、好きなんだけど。再々登場を願ってやまない。

ところで、先日FMラジオでご本人が「評論家の大森望さんに『有川浩さんは、いろんな話を書くけど”OSは有川浩”なんですよねぇ』と言われて、上手い喩えだと思いました。」とおっしゃっていた。大森望さんのけだし名言である。

注:2012年2月25日のサントリー・ウエイティング・バー・アバンティである。
posted by 灯台守 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) |