2012年03月27日

憎しみの巡礼 エリス・ピーターズ

憎しみの巡礼 〜修道士カドフェル シリーズ〜 エリス・ピーターズ・著 光文社・刊
やっと読了。

カドフェルが最初にかかわった「聖ウィニフレッド」の遺骨。その聖者の祭りが行われようとしていた。奇蹟への望みを胸に集まって来る巡礼者たち。その中で、ひと際目を引く二人の青年。一人は裸足のまま歩き、重い十字架を掛けたまま旅を続けている。もう一人は彼に付き添うことに執着していた。何のために彼らは旅を続けるのか、そしてその果てにあるものは何か?

以下、若干ネタバレあり。

続きを読む (ネタバレ 注意)
posted by 灯台守 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ