2012年03月12日

赤毛の女医アン 福田隆浩

赤毛の女医アン 福田隆浩 講談社 YA! Entertainment

本書は、ここで仕入れた情報がきっかけで読み始めた。
http://seikouudoku.cocolog-nifty.com/books/

准看護師の水野ひとみは、赴任した診療所の臨時院長である赤毛の女医アンこと北御門杏子先生に振り回される毎日。本当は、前任者の早川秀行先生に誘われたが、なぜかアン先生に変わっていた。同僚の菊池看護師、受付の橋本さん達とドタバタの診療所生活が始まる。さてはて、本業は肛門科というアン先生は、名医かヤブ医者か?

女医と言う言い方と看護師という言い方が交錯する今時のヤングアダルト。ターゲットは若干年齢層が低目かも知れない。やっぱり主役である女医アン先生の奔放で傍若無人で、そのくせ医者の腕前は良いのか悪いのか解らないという設定が勝因である。周りのキャラクタも、バランスが取れていて、同僚の看護師さん、受付のおばさん、オーナーの奥様、ご近所の三男坊と適度にばら撒いてある感じ。それを破綻無く読ませてくれる小気味よさが、読後さわやか。さわやか過ぎて全部先が読めてしまうのは、私が擦れているからだが、それでも読ませてくれるには違いない。

アン先生のこれまでの経歴や、早川先生の急なアメリカ行き、菊池看護師や橋本さんのプライベートがだんだんわかるにつれ、物語は和まり始めるような気がする。3巻でているので、ちょっと楽しみ。
posted by 灯台守 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学