2012年03月11日

ヒューゴの不思議な発明

ヒューゴの不思議な発明 マーティン・スコセッシ監督の3D映画。
ヒューゴは時計修理の父と暮らす。父は博物館で自動書記人形をみついて来て家で修理をするが、火事で亡くなる。叔父に引き取られたヒューゴは駅の時計台に隠れ住み、自動書記人形の修理を続けるが・・・

3Dで吹き替えで鑑賞。画は非常に美しい。パリの夜景は、ほんとに美しい。ヒューゴが住む時計台もファンタスティックで謎が育まれている感じがする。

ヒューゴとイザベル、ジョルジュとジャンヌ、鉄道公安官と花売りの娘など登場する人物には何らかの話があり、その根幹には愛がある。そして映画の根幹にも愛がある。それこそヒューゴの不思議な発明といえる。

ジョルジュ・メリエスは、実在の人物であり映画創生期に特撮を行った人でもある。スコセッシも幼いころ彼の映画に心躍らせた人に違いない。映画という不思議な発明に乾杯。
posted by 灯台守 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画