2012年03月10日

なぜ人は砂漠で溺死するのか? 高木徹也

なぜ人は砂漠で溺死するのか? 高木徹也 メディアファクトリー
いわゆる検死官というか法医学者というか、人の死を医学的に見た本。なかなか常識を覆される話があって目から鱗が落ちる逸話もあった。

まずは表題がすばらしい。砂漠で溺死というまったく関連がない事象が結びつくことに驚く。驚くからこそ、そのような事態に遭遇すると事故が発生するのだろう。また、風呂場での溺れて亡くなる方が多いことにもビックリする。

本書は、論理的でかつ丁寧に人間と死というものを語ってくれる。すべての人にとって確率100%で発生するタダひとつの事だからこそ、真剣に読むことができるのだろう。
posted by 灯台守 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) |