2012年03月24日

舟を編む 三浦しをん

舟を編む 三浦しをん 光文社
2011年の本屋大賞ノミネート本。三浦しをんは初めてだったが、「うまいな」と感じさせてくれた。キャラクターも良いし、プロットもしつこさもなく、さりげない出来事の積み重ねで構築されたストーリーも良い。ただ欲を言えば、「ああ、やっぱりそう落としたか」という結末にもう一ひねりあればよかったが、それは無いものねだりかとも思う。

主人公は、大手出版社の辞書編集部のひとり。まじめ氏。馬締とかいてまじめだが、文字通り真面目な性格を絵に描いたような人物。その馬締氏が「大渡海」という辞典を編纂する話。随所に辞書編集の苦労話がちりばめられ、本好きにはたまらないエピソードも満載で、三浦しをんはよい題材に目をつけたと思った。

「左右」や「愛」に関する事項は、勘所を捉え、編集者の言葉への誠実さや丹念さを伝えてくれる。辞書編纂の苦労話もあり、この一冊でも語りつくせないものがあるのだろうと思わせてくれる。分量的には、まだまだ語ってもおかしくないようなバックグラウンドを感じさせながらも、端的にまとめてくれた著者の意向を図りつつ心地よく閉じた本を置けるような物語だった。
posted by 灯台守 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年03月23日

ブログのデザイン

高知で、さくらの開花とのこと。

一年ぶりに、ブログデザインも元にもどして、「さくらでもどうぞ。」という気分。

春は、すぐそこ。
posted by 灯台守 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

カドフェルの続き 10巻

憎しみの巡礼 〜修道士カドフェル シリーズ〜 エリス・ピーターズ・著 光文社・刊

今年初めてのカドフェル。10作目である。シリーズの半ばの話。最初の話のネタバレもあるので、このシリーズは順に読んだほうが良い。

ほぼ、1/3を読んだところでこの時間。あきらめて明日に続きを読むことにした。

久方ぶりのカドフェルは安心して読み進むことができる。やっぱり良いミステリだと感服した。
posted by 灯台守 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ

2012年03月22日

待っている本たち。 その2

1/31現在の待っている本たちは、下記の通りだった。

・チャリオンの影(上・下) ビジョルド
・スピリットリング ビジョルド
・剣姫 カショア
・夏至の森
・冬の薔薇
・女魔法使いと白鳥のひな
・影のオンブリア

最初の2冊のビジョルドにはまって、
「チェリオンの影」の続編、「影の棲む城」を読み、マイルズのヴォルコシガン・シリーズに移行しつつある。
結局、マキリップは手付かず。買う方が早いからだな。

ま、仕方ないということで。
posted by 灯台守 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年03月21日

名誉のかけら L.M.ビジョルド

名誉のかけら ロイス.マクマスター.ビジョルド 創元SF文庫
ご存知マイルズのお母さん、コーデリアと父親であるアラール・ヴォルコシガンの馴れ初め話。ただし、ビジョルドの語る話なので、話は展開に展開し続け、二人の役割も行動も、想像をこえたところで読者を置き去りして?宇宙を縦横無尽に飛び回る。(実際はバラヤーとベータと戦場であるエスコバールくらいだが)

最初の出会いが、惑星の植物調査に行っていたコーデリアの部隊をバラヤーの軍が襲うところから始まる。その軍の司令官たるヴォルコシガン自身が艦から置き去りにされているらしい。コーデリアとヴォルコシガンは、その状況から彼の艦を奪還するが・・・

L.M.ビジョルドのデビュー作(といっても彼女の息子の話である、「戦士志願」と 2作ほぼ同時に出版されたらしいが)。SFが好きなら、読んで損はない一冊ではある。
posted by 灯台守 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SF

2012年03月20日

龍宮 川上弘美

龍宮 川上弘美 文春文庫
奇妙な物語。川上弘美が書くと、純文学の範疇に入るけど、同じ話を新井素子が書いたら、SFなのかなぁ。有川浩さんが書くとヤングアダルト? まあ、どちらも同じ主題でも書き方はまったく違うだろうと想像に難くない。

非常に、違和感のある異界との接点が現実と交錯して溶け合っているお話の短編連作集である。たぶん、好きな人は好きだが、受け入れることの出来ない人は、出来ないのだろう。私は先祖に恋してしまう、異常に寿命の長くなる人々が登場する話が、なんとも言えず良かった。

川上弘美さんの凄さは、お隣の八百屋でさりげなく異界の住民が普通の生活をしているような世界を語ることである。「蛇を踏む」でも「神様」でもその雰囲気はある。「得体の知れない」というものを、書き下してくれる語り口がなんともいえず、ずるずるとはまり込んでいくのである。やはり、凄いとしか表現できないところが悔しい。かといって、私の表現力では、この想いは伝えられない。結局、万人に受け入れられるとも思えず、本を閉じるのである。
posted by 灯台守 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年03月19日

回線切り替え

NTTのフレッツからauの光にかえる回線切り替えの日だった。そのため、休暇を取って対応。200Mbpsから1Gbpsになる。

で、こともなくすんなり切り替え。さくらサーバとの通信速度は結構ある。良いかも。経済的にも良くなるハズだが、さて?
posted by 灯台守 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ