2012年02月23日

ロボジー

ロボジー 矢口史靖監督作品

いきなり社長命令で二足歩行ロボットの開発を命じられた3人のエンジニア。テスト中に壊れてしまったことを言い出せずに、人が中に入って動かすという回避策を考える。ロボットのサイズに合った鈴木さんは73歳のじいいさん。一回きりだったロボットのデモンストレーションがひょんなことから大騒ぎに発展する・・・

矢口さん、お得意のドタバタコメディ。社長に対して事実を言えない3人はおかしさ爆発。Wエンジンのチャン・カワイが意外と演技が上手くてビックリ。3人のキャラクタ設定も良い。そこにミッキー・カーチス演じる鈴木のじいさんが、演技と言うか地というかぴったりはまり役で好演している。さらに吉高由里子演じるロボットオタクの佐々木葉子がからみ、矢口節全開である。

最初にこの映画の設定を聞いたとき、「どう落とすんだろう?」と思った。どう考えても落ちがうまくない。バレるかバレないか2つしか無いと思い込んでいた。しかし矢口監督は、さらに上を行っていた。最高のクロージングに乾杯したい。可能ならワンカップ大関で。(笑)
posted by 灯台守 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画