2012年02月08日

エレニア記 ルビーの騎士

エレニア記 ルビーの騎士 エディングス
今回、自炊したのは角川スニーカー文庫版。全五冊のうち、唯一原書通り一冊で収めたのが本作。エレナの治療法を探すスパーホークが四騎士団のメンバーと行動を共にして治療法を探し当てるまでが前半戦。後半戦は先王の幽霊に教えられ宝石ベーリオンの探索と邪神アサジュの追撃をかわしつつ宝石の奪取までを描く。

いよいよ続編のタムール記にも登場するメンバーが揃う。個性的メンバーでキャラクターの描写も上手く、感情を入れ込みやすい。途中に挟み込まれる何気ない会話がたまらない。
さらに本作が終了して最終編に突入すると、セフレーニア・エレナがフルに登場し「女性陣強し」の印象を強くすることになる。それを暗示する3完最終シーンのアフラエル降臨かもしれない・・・
posted by 灯台守 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー