2012年01月22日

ポケネコにゃんころりん 影だけのねこの秘密 山本悦子

ポケネコにゃんころりん 影だけのねこの秘密 山本悦子 フォア文庫

ポケネコシリーズもはや8巻目、児童書のシリーズとしては長いほうになってきた。

ポケネコのにゃんころりんは、不思議な生き物。ペットショップの「ノエル」でもらったユウのペットだが、いろんなもの幸福も不幸も招くちぃっちゃなネコである。
ごぞんじユウとあかね、カズの三人はとあるきっかけで、夏休みにあかねのおばあちゃんと一緒に広島へ行く事になる。そんな彼らにクマ先生は「よく勉強してくるんだぞ」と声をかける。そんな三人に何が起こるのか?ポケネコのにゃんころりんは何を招くのか?

今回は、舞台は広島。そこで彼らはにゃんころりんが招いた「影のネコ」を見る。そして「影のネコ」の生い立ちを知ることになる。いままで若干コミカルでちょっとシリアスなお話だったにゃんころりんが今回取り上げたのは、「平和」と「核」の問題。児童向けの話としては、かなり重い題材。でも、この時期に取り上げることこそ意味がある。今後の日本を背負う小学生にこそ、正面きって立ち向かう課題でもあるだろう。

この題材を選択した、山本さんに拍手。
posted by 灯台守 at 20:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 児童文学