2012年01月11日

ピアスの星 赤羽じゅんこ

ピアスの星 赤羽じゅんこ くもん出版
「ももたろう」の同人、赤羽じゅんこさんの作品。久方ぶりの高学年もの。

ハミは六年生。コンビニのバイト定員"ミントくん"にあこがれているが、将来の夢はわからない。幼な友達のサヤは、今は学校に出てきていない。ハミは学校からプリントを持ってサヤの家にいくが、サヤの気持ちは良くわからない。そんなとき、ハミとサヤは変わらない今から一歩踏み出すため、ハミは"ミントくん"に「声をかける」、サヤは「遠足に参加する」という約束をするが・・・

淡々と流れる日々は、大人も子供も変わらない。その中で、「夢をもて」と大人は言うが子供たちはそう簡単に夢を描けるわけではない。ハミは、多少世渡りが上手い小学生で、サヤは少々融通が利かない女の子というだけかもしれない。人には、その人だけにしか解らない悩みがあり、希望があり、夢もある。結局はその人オリジナルなものさしで計るしか、無いのだ。小学六年生のハミとサヤは、お互いにそのものさしを探していた時期だったに違いない。

不登校の話を読むたびに思うことは、「何故親や先生は、学校に行くことを絶対とおもうのか?」ということだ。その理由をキチンと説明した話は、見たことがない。突き詰めれば、「なぜ学校で勉強するのか?」ということだ。この「ピアスの星」には、その答えが書かれている気がする。たぶん、この本を必要とする女の子が、日本のどこかにいるに違いない。泣き濡れて眠る、その子の枕元においてきてあげたい気がする。

赤羽じゅんこさんは、決してスラスラ書き上げる作家のタイプではないと思う。デビュー作の「おとなりは魔女」もそうだったように、作者と主人公が、物語の中と書き手に分かれつつも、一心同体となって織り上げられる物語を編むタイプである。だからこそ、胸打つストーリーとなって輝く「ピアス」を見せてくれる。
posted by 灯台守 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学