2012年01月18日

西洋製本図鑑 ジュゼップ・カンブラス

西洋製本図鑑 ジュゼップ・カンブラス 市川恵里・訳 雄松堂出版
本場ヨーロッパというか、原書はスペインらしいけど、本格的な西洋の製本技法や製本の仕方、製本の種類等々を豊富な写真でわかりやすく紹介したまさに図鑑である。フルカラーで160頁にわたる本がすばらしい。

定価 6,930円(税込み)である。高いと思うか、妥当と思うか。ちょっと居酒屋で飲むとこのくらいは使ってしまいそうな額ではあるが。

アマゾンのページは下記。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4841904999

日本では、個別に製本するという文化は無い。まさにルリユール(製本)の世界への招待状的な本である。
posted by 灯台守 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年01月17日

ベルガリアード 予言の守護者と蛇神の女王

何回も読んでいるエディングスのベルガリアード。予言の守護者と蛇神の女王を読了。かなり早い。やっぱり、PDFにして持ち運び自由なのは良い。文庫本一冊分以下の重量で、いろいろと取り回せるのは有難い。しかし、うっかり「白紙を除去する」にチェックを入れていたため奇数ページと偶数ページが入り混じり、きっちりしたPDF上でのトリミングに失敗。二度手間になったことは反省。(笑い)

本編の感想は、あと3冊を読んでから。
posted by 灯台守 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2012年01月16日

ねこまるせんせいとせつぶん 押川理佐

ねこまるせんせいとせつぶん 押川理佐・作 渡辺有一・絵

ねこまるせんせいシリーズの最新作。今回も、ねこまるせんせいの活躍が読める。
鬼の面をかぶったねこまるせんせいは、さてどうなるか読んでのお楽しみ。

やっぱり幼年童話は、文章と絵が合体してのもの。本作も押川さんのナンセンスなねこまるせんせいと渡辺さんの絵がマッチして楽しいかぎり。

安心して読めるねこまるせんせいシリーズである。
欠点は、おはなしワンダーシリーズは世界文化社の本だが、一般売りでの入手は困難であることかもしれない。ハードカバー化を切に望む。
posted by 灯台守 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学

2012年01月15日

Bluetooth ヘッドフォン

松山の自作パソコンショップとして贔屓にしていたPCデポが1/15(今日)で閉店した。残念。駐車場があって実質10分で行ける便利ショップだったのに。

本日まで閉店セールだったが、今日は投売り状態。お店の備品まで売っていた、さすが商売人。OAコンセントやショーケースも売っていたし、事務椅子までとはビックリした。

で、結局のところ8Gbyteの高速SDカード(697円安い!!)とBluetooth ヘッドフォン(2970円・Amazon販売価格の半額以下)を買う。iPod touchと接続して使用して見ると、やっぱりケーブルレスの使い心地は抜群。ただし、両耳をがっちり使うので音漏れはしないかわりに周りの音はまったく聞こえない。方耳だけはずすには形状がマッチしないので、しばらくは息子に奪取されそう。(^^;
posted by 灯台守 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報機器

2012年01月14日

ベルガリアード物語 予言の守護者 D・エディングス

ベルガリアード物語〈1〉予言の守護者 デビッド・エディングス ハヤカワ文庫FT

自炊したのち、読み始めたら止まらない。何回目かのシリーズ読破になりそう。

このシリーズは人物描写の妙につきる。とくに女性の描写がすばらしい。
どこかでまとめて考察する予定。
posted by 灯台守 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2012年01月13日

死者の短剣 惑わしロイス・マクマスター・ビジョルド

死者の短剣 惑わしロイス・マクマスター・ビジョルド 創元SF文庫

SF作品が多いビジョルドのファンタジー。でも、ヒロイックでも幻想でも剣と魔法でもない。

とある理由で家出をした「地の民」フォーンは、旅の途中「泥ひと」にさらわれかける。そこを「湖の民」で警邏隊のダグに救われるが・・・

死者の短剣の設定、「地の民」「湖の民」や悪鬼の存在、特に「湖の民」の能力の設定はファンタジーだが、物語の大半はフォーンとダグのロマンスで埋まっている。その記述はなかなかなものではある。さすがビジョルドで、さりげない語り口で、二人の心情を描いているのはうまい。情熱的で濡れ場風な場面描写も上品である。

こてこてのファンタジーを期待した人は残念かもしれないが、これはこれで佳作といえる。
posted by 灯台守 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2012年01月12日

出張で・・・書き込みは後日

1/12は出張にて、書き込みできず。まあ、そういう日もあるかと思い特に手出しせず。
設定すればメールから書き込みできるが携帯メールはほとんどしないので、やめました。

そのうちAndroid携帯もったら考えようか知らん。でも、デザリングするから携帯メールで書き込みする意味ないかもね。

(2012/1/13 書き込み)
posted by 灯台守 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ