2011年12月31日

児童文学ベスト2011

2011年総決算。まずは児童文学。
やっぱり、魚住さんの「クマのあたりまえ」が良かった。この数年は魚住さんの新作を読んでいなかったこともあり、続々と読破。その中でも、「クマのあたりまえ」は上出来の短編集。

「ももたろう」の皆さんの活躍もあった。児童文学の同人誌「ももたろう」は下記URL参照のこと。
http://book.geocities.jp/momo_jidoubungaku/

私をビックリさせる本をよろしく!!>ももたろうの皆様。(^^;
posted by 灯台守 at 23:40| Comment(3) | TrackBack(0) |