2011年12月14日

夢から醒めた夢―冒険配達ノート 赤川次郎

夢から醒めた夢―冒険配達ノート 赤川次郎・作 北見隆・画 角川書店
ピコタンは9歳の女の子。ある夜、夢の配達人に誘われ、幽霊に会いに行く。その子は何をしたいのか、ピコタンは、何をするのか? 赤川次郎のファンタジー童話。

ご存知の人は知っている、劇団四季ミュージカルの原作。北見隆のイラストがすばらしい。この原作があって、劇団四季のミュージカルができたと思うと、感無量ではある。劇中では、ピコタンはピコ、女の子の幽霊は、マコ。本名のフルネームもあるが、原作には出てこない。今、全国公演中。12/17には待望のDVD/BR-Dが発売される。まずは原作の紹介から。別途DVDのレビューも記載予定。
posted by 灯台守 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学