2011年12月11日

Musical CATS

Musical CATS のDVD。昔、WOWWOWで人に頼み込んで録画してもらったものと同じだった。でも良いものは良いと感じる。最後のオーデュトロノミーの独唱はすばらしいし、グリザベラのメモリーは涙なしでは聞けない。定価1500円、Amazonなら送料無料で、1200円ちょいという値段は破格だろう。

もう四半世紀以上前に四季のキャッツを見て以来、はまったミュージカル。四季初演の初観劇では、前田美波里のグリザベラ、保坂千寿のグリドルボーンという今思えば非常に有難い配役だった。静岡公演までは、すべての公演を追っかけていたが、経済的にも時間的にもキャスト的にも意欲が続かず、あきらめた。

このDVDでは、ロンドン版かブロードウェイ版がベースになっていて、クロールタイガーの場面はすべてカットされているとか、四季ではシラバブが唄うメモリーのパートをジェニマが唄うなど四季版との差分はかなりある。でも、ダンスと歌を中心としたエンターテイメント性は少しも遜色ない出来であり、四季のCATSを知っている人でも知らない人でも十二分に楽しめる。

ただし、舞台ではなくDVDなので自由な視点は許されず、CATSを舞台のみで愛する人は見ないほうが良い。欲求不満で爆発しそうになる。「このシーンの時のマンカストラップが見たい!!」「コリコパットはどっから出てきた?」等々の対応が当然不可。再度、横浜に行きたくなるだろうから。(2011年12月現在、四季は横浜にてCATS上演中)

あの異空間で猫たちにあえる感覚を茶の間で再現してくれるとは言わないが、その雰囲気だけでも伝えてくれるDVDであることは確かである。
posted by 灯台守 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD