2011年12月05日

移動に暮れた日

今日は、移動に暮れた日だった。朝、東京へ飛んで夕方大阪へ。おかげで移動中の本は読み放題。例の7巻=最終巻の長大ファンタジーは読了した。古王国の新刊は、もう少し遅く発行されるようなことを巻末・解説に書いてあった。肝心の現在発行されているライラエルのその後の話の翻訳話が書いてなかった・・・。残念。

7巻読了後は、久々のカドフェルを読みかけ。

で、7巻の話は別途にて。
posted by 灯台守 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2011年12月04日

オーケストラ!

オーケストラ!はラデュ・ミヘイレアニュ監督のフランス映画。当然だが、アメリカ映画とは違う雰囲気で映画館で見てよかったと思う映画だった。

本作は、松山映画祭という企画で上映されたうちの1本。

主人公はボリショイ・オーケストラの清掃員。30年前、ある事情のため演奏を中止された天才と呼ばれた指揮者でもある。ふとしたことから手に入れたパリ公演の依頼FAXをこっそりいただいた彼は、自ら昔の仲間を集め似非ボリショイ・オーケストラを作ってパリ公演をするという企画を実行しようとする・・・

共産党が崩壊した現代を背景にこの映画は描かれる。映し出されるロシアは生活感にあふれているが生活は苦しい。その状況の中、清掃員として働く元天才指揮者は、未だに指揮者への執着を捨てきれない。嫁と子供がイスラエルにいる元チェロ奏者は現救急車運転手だし、彼が指揮者をやめる原因を作った元共産党中核メンバーで共産党復活を夢見る元KGPメンバーは街頭演説で、共産党の復権を叫ぶ。その街頭演説のサクラを集めることを有料で請け負うには、元天才指揮者の嫁だったりする。彼らを中心に、実際には実現しそうに無いパリ公演の入れ替わり企画が進められる。そして、この天才指揮者は、なぜかチャイコフスキーのヴヴァイオリン協奏曲に執着し、そのソリストに若手の女性ヴァイオリニストを指定する。

ロシアの情勢を背景に、コミカルに現在の状況、パリへのにわかオーケストラの団員の移動/現地ドタバタを画きつつ、悲壮な30年前の出来事を淡々と語る。30年前ということで、ブレジネフなどという記憶にある名前が出てくる。そんなに昔でないころ、この物語の背景となることが起こっていたことを改めて考えさせられる。それぞれの人生が垣間見える画き方は、映画そのもの感がある。パリの劇場の状況と、元指揮者の復活への願望と恐れ、抱える想い、若手ソリストが抱える悩みなどが最後のチャイコフスキーの協奏曲に集約されていく。その感情が音楽に乗ってスタンディング・オベーションへとなだれ込む。

音楽の力強いエネルギーを吹き込んでくれるような映画だった。
posted by 灯台守 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2011年12月03日

午後のお茶は妖精の国で 遠藤淑子

午後のお茶は妖精の国で 遠藤淑子 祥伝社 全三巻

遠藤淑子が花ゆめで登場したとき、そのセンスに脱帽した記憶がある。独特な言い回しによる「ギャグ」と絶妙な「シリアス」とのバランス感覚に久々の金鉱を発見した気分になった。エヴァンジェリン姫シリーズは、きっちり追いかけていたほど。
その後、白泉社から単発ものに移って、コミックス買いが中心の私の目から遠ざかったが、どっこい生き残っていた。

「午後のお茶は妖精の国で」は、妖精のイタズラで、女になりかけている王子、子供にかえっていく魔法使い、カラスになった詐欺師?が、元にもどろうと「妖精の泉」を探す話。当初は妖精のイタズラと思っていたが、旅が進むにつれ、徐々にその妖精の意図が明らかになって行く。

デビュー後四半世紀を過ぎても往年の切れは冴え、ちょっとわがままな主人公、脇役を描かせると右に出る人はいない。久方ぶりに「マダムとミスター」等々を、読み返したくなった。
posted by 灯台守 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2011年12月02日

息子に諸星大二郎

読む本・マンガが無いと息子が言うので、諸星大二郎の豪華セットを渡す。
・諸怪志異 3冊
・妖怪ハンター 4冊
・巨人伝

ついでに、「草子ブックガイド」もおまけにつけた。読み終わったら「妖怪ハンター」のベスト3でも聞いてみよう。ちなみに息子の好みの作家は、高橋葉介である。
posted by 灯台守 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

合宿 20111202

12月に入ったばかりだったが、会社の合宿だった。最近のホテルも合宿等に使用されるホテルもインターネット完備で不便を感じたことは、あまりない。ただし、昨日は合宿後に行われた懇親会という名前の飲み会があったこともあり、宿所もインターネット完備であることに気がつくのに相当時間がかかった。

とにかく、便利な世の中になったものである。
posted by 灯台守 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2011年12月01日

王国の鍵 7巻 発送されたらしい・・・

Amazonの情報によると、王国の鍵 7巻は無事発送され、こっちに向かっているらしい。sagawaの配達の方、よろしく!!
posted by 灯台守 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

12月になって・・・

12月になりましたので、クリスマス模様に変身。カエルくんのコンテンツがあったので、まずはそれにしてみました。クリスマスバージョンは、数があるので12/25までは、いろいろと変えてみます。

12/26以降は、お正月に決定してますね。
posted by 灯台守 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ