2011年12月26日

テーマ更新 12/26〜 大晦日まで?

クリスマスも終了したので、テーマ(スキンとかデザインとか色々表現方法あるが)を更新しました。
この時期には万能なデザインと思う。なんとなく落ち着く感じ。
posted by 灯台守 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2011年12月25日

夢から醒めた夢 劇団四季

夢から醒めた夢 劇団四季
待望のDVD化。待ちに待ったDVDでもある。
ピコは幽霊の存在を信じる女の子。夢の案内人に誘われ、マコと一日だけ入れ替わる。マコの白いパスポートを持って。霊界についたピコは、光の国にも地獄にも行けない人々と出会い、自分のことを聞かれる。もうすぐ人間の世界に帰るといったピコは、煉獄の管理人にパスポートを見せろといわれ、堂々とパスポートを見せるが、それは真っ黒なパスポートだった・・・。ピコは、マコはどうなる!!

劇団四季のオリジナルミュージカルでもあり、代表作のひとつでもある。初演から25年が経過しようとしているが、古さは感じられない。三木たかしの曲がすばらしく、メインテーマの「二人の世界」「愛をありがとう」は名曲。初演と再演時は、ピコ:保坂千寿、デビル:光枝明彦、ヤクザ:野中万寿夫というすばらしい配役だった。その後、保坂さん、光枝さんが四季を去り、今は野中さんが残るのみである。

作品も良いが、その良さに引かれ何度も見た舞台ミュージカルでもある。同じセリフ、同じ音楽でも日々内容が変わる。同じ配役でも、日時場所が変われば、観客も変わる。こっちの受け止め方も変わるのだ。そういえば、この作品で絶好調の保坂さんと倒れる寸前の保坂さんを見た記憶がある。倒れる寸前は、1994年1月15日(土)のマチネだった。この日は当初千秋楽だったが、チケットが売り切れたため18日まで延期された。そのマチネである。当時、四季好きの人とネットで交流があり、マチネが終わって「保坂さん、調子悪い」と話していた。で、同日ソワレ。冒頭、夢の案内人がピコを呼び出すシーンで「あれ?」と思った。歌いだして確実に思った。「あれって、井料瑠美さん?」その通りだった。

後日、井料瑠美さんにファンの交流会でご一緒したときに、こっそり聞いたら「午前中の新幹線で駆けつけました」とのこと。実際、保坂さんは病院に担ぎ込まれたらしい。その状態で、2時間の舞台を完遂するのは、お見事としか言えない。

一方、最高だったのは1994年3月27日(日) 再々演の青山劇場千秋楽。このときのマコは野村玲子だった。カーテンコ−ルが鳴り止まず、スタンディングオベーションの嵐だったことを昨日のことのように思い出す。

作品の良さもさることながら、舞台の面白さ、俳優の魅力を教えてくれた演目でもあった。

配役はここをクリック
posted by 灯台守 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD

2011年12月24日

永遠図書館 1 赤星治人

永遠図書館(1)赤星治人 月刊少年シリウス連載中 講談社
主人公メシェは、見習い白道司書(ベルベット)見習い。全宇宙のすべての本があるといわれるコネプルシア図書館、別名「永遠図書館」で、「最初の本」を読むことを夢見る少女である。そのメシェの図書館での本とお話・神話の冒険譚。

題名に違わぬ本ラブな主人公が登場するし、内容も本一筋のお話。また、登場する神話に出てくる神々や獣・妖獣たちが実物として図書館内に現れてくる。まさにファンタジーの世界をそのまま描いている。それが図書館内で発生することに違和感が無いのがすばらしい。

来年早々、2巻目が出版される。このファンタジー120%のマンガが少年向け月刊誌で耐えられるかどうかが心配だが、ちょっと期待してしまう。そんな正統派なファンタジーマンガであった。
posted by 灯台守 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2011年12月23日

ちはやふる 末次由紀 

ちはやふる 末次由紀 Be・Loveコミック 講談社
話題の百人一首・競技かるたのコミックス。美形の少女が、かるたクイーンを目指すお話。とりあえず、高校一年で全国大会出場を決めたところまで読了。

さすが話題のコミックスだけあって、マンガの命であるキャラが立っている。ある意味、立て方が上手いとも言える。イケメン2人とオタクっぽい肉まん君、ガリ勉的な机君のバランスが絶妙。少女マンガなので、男性キャラは重要であり、ここの押さえ方ひとつでストーリーの展開に影響がでまくる。
当然主役のちはやも良い。美人でモデル体系だが、ある意味で天然。サブキャラのかなちゃんの方が、引き立つ場面も出てくる所がうまいところ。またちはやのお姉さんが現役高校生モデルで売れっ子という所も面白い。垣間見せる家族間のコミュニケーション描写も美味しい。

基本的には、登場キャラバランスがよくて、一見文化系的な題材と見せつつ、体育会系ストーリーに持っていくところはお約束かも。

15巻まで既刊なので、十二分に楽しめる。おりしも年末年始。シーズンでもある。(笑)
posted by 灯台守 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2011年12月22日

妖怪ハンター 地・天・水 諸星大二郎

妖怪ハンター 諸星大二郎 集英社文庫
地・天・水の3巻からなるハンター伝説の集大成。これに「稗田のモノ語り 魔障ヶ岳」を加えると現在出版されている妖怪ハンターは完璧に読める(ハズ・・・)

ラグクラウト的展開から、心理サスペンス的・ミステリ的なものも含めて楽しめる・・というか、諸星大二郎の世界に吸い込まれる。解説は不可能。読むしか無いでしょう。

地の巻
・黒い探究者
・赤い唇
・生命の木
・海竜祭の夜
・ヒトニグサ
・闇の客人
・蟻地獄
・闇の中の仮面の顔
・死人帰り

天の巻
・花咲爺論序説
・幻の木
・川上より来たりて
・天孫降臨…第一章大樹伝説、第二章樹海にて、第三章若日子復活
・天神さま

水の巻
・産女の来る夜
・淵の女
・うつぼ舟の女
・海より来るもの
・鏡島
・六福神
・帰還
posted by 灯台守 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2011年12月21日

空の都の神々は N・K・ジェミシン

空の都の神々は N・K・ジェミシン  ハヤカワ文庫
三柱とされる神が戦い、ひとつの柱の神が殺され、ひとつの柱の神が勝ち、ひとつの柱の神が封印され奴隷となった世界。その世界を統べる一族の長に呼び出され、その後継者候補の一人となった少女がいた。彼女は長の孫娘。母親殺害の復讐をするためとの想いを秘めて、神の都を訪れる・・・

600ページ近い大作だが、スカイと呼ばれる宮殿内で物語りは進む。そのため、風景描写はなく、人間関係とどろどろとした確執の語りで物語は進行する。魅力的な設定と、主人公の母親の殺害犯人探し、神々の復活をかけた戦略が最後の長の継承イベントに向け収束していく。物語は主人公の一人称で進むが、どきどき視点のズレがある。それは、綺麗でかつさりげなく纏め上げるための伏線の役目もあることが読み終えるとわかる。

単純な従来ファンタジーではない異色の作品。ファンタジー好きなら押さえておいて損はないと思う。
posted by 灯台守 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2011年12月20日

クリスマス・プレゼントのゲーム

息子が「クリスマス・プレゼントはTVゲーム!!」というので、結局TVゲームになった。娘も彼氏へのクリスマスプレゼントはPS3のゲームで、私がAmazonで買った。(それでいいんかい!?!>娘)

息子は、家内とマリオカート3Dをやりたいとのことで、(家内はニノのファンなので同意らしい)3DSを2台とマリオカート3Dを購入。いよいよTVゲーム家族である。お正月の時間は、マリオカート三昧?
それだけかとおもいきや、モンハンの3(トライ)G拡張パックも買わされた。とほほ・・・。
posted by 灯台守 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム