2011年11月30日

白い人たち バーネット

白い人たち F・H・バーネット 文芸社

本作は、長年にわたり川端康成・訳の抄訳だけだったものを砂川宏一氏の熱意で完訳にこぎつけたものである。

英文の原作は下記URLにある。

http://www.gutenberg.org/ebooks/459

私は、佐藤さとるWEBと鬼ヶ島通信ふぁんさいと以外に、2000年前後は「バーネット夫人の部屋」というHPを開いていた。その当時に、本作を無理きり読んだ記憶がある。実に不思議な小説で、ある少女の不思議な能力について書かれている話である。

ネタバレになるので、この先は読んでみての話になると思うが、ちょっと異次元の体験をしたような感覚に襲われたことを思い出す。

生きるとはなにか、人生とはなにか、生きているこということはどういうことか再度見直すきっかけになる本でもある。なお、本書からは省かれているが、原作には冒頭に短いPoemがある。献辞は「ライオネルヘ」となっているが、ライオネルとは彼女の早逝した息子の名前であることを考えると、深いPoemであると思う。
posted by 灯台守 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学