2011年11月24日

草子ブックガイド 玉川重機

草子ブックガイド 玉川重機 モーニング連載
草子は、目立たない中学生。近所の古本屋から本を無断で借り出し、自作のブックガイドを挟んで返す。古本屋の店主は、そのブックガイドを楽しみにしていて、彼女が本を持ち出すことを黙認している。そんな彼女のブックガイドと本にまつわるお話。

このマンガは、マンガでありながら本をめぐるお話に終始する。第一巻の一押しは「ロビンソン漂流記」

作者の絵は独特なタッチなので、好みに好き嫌いはあるだろうが、本好きなら説明不要な一冊。
posted by 灯台守 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ