2011年11月23日

築地魚河岸三代目 はしもとみつお

築地魚河岸三代目 はしもとみつお 小学館 ビックコミックで連載中
銀行員の赤木旬太郎は人事でリストラを担当する。自らもリストラの対象として、銀行を去り嫁の実家の築地魚河岸、仲卸『魚辰』を継ぐことを決意する。魚に関しては素人だった彼が、三代目として奮闘するお話。

現在まで33巻が出ているが、原作もののマンガであり、大石けんいち(1巻)、鍋島雅治(2-21巻)、九和かずと(21巻-)が原作を担当し、作画ははしもとみつお。

最初から一貫して日本の魚文化を尊重し魚のおいしさを取り上げる。魚好きにはたまらない。読んでいて、おなかが減るマンガである。ファーストフード全盛で、コンビニ弁当にはサケくらいしな入らない昨今。本当においしく魚を料理できる人も少なくなって来たかもしれない。

おいしく魚を食べるということは、うまく料理できるだけではなく、ちゃんとお箸で小骨をとっていただけるということ。食べ終わった魚がきれいに骨だけになっているような、見ただけで美味しく魚をいただいたということが解るような食後の状況にしておきたいものだと思わせるマンガである。
posted by 灯台守 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ