2011年11月02日

孤宿の人 宮部みゆき

孤宿の人 上・下 宮部みゆき 新潮文庫
上巻は、思ったより読み進めなかった。下巻は今日 一日で読了。
四国・丸海藩に、江戸・勘定奉行から罷免された加賀様が流人としてやってくる。幼い"ほう"は、その加賀様の幽閉されている涸滝の屋敷に下女として働くことになる。加賀様は、江戸から厄災を引き連れてきたのか、丸海に不吉なことが起こり始める・・・

さすが、宮部みゆきの傑作との評価が高い作品。

ネタバレ的になるので、続きに感想を記載

続きを読む(ネタバレ注意)
posted by 灯台守 at 22:40| Comment(0) | 時代物