2011年10月30日

帰命寺横丁の夏 柏葉幸子

帰命寺横丁の夏 柏葉幸子 佐竹美保・絵 講談社
その寺の本尊に願いをかけると、死んだ人も生き返るという。小学校5年生のカズは、夜中に自分の家から女の子が出て行く姿を目撃する。翌日、その子がクラスメイトとして現れた。カズは、その子が誰だかわからない・・・。

黄泉返りを主題としたファンタジー。良くあるといえば、よくある話だが、そこは柏葉さんで一ひねりというか、三回転半くらいひねってある。「おばあさんを書けば日本一」(と勝手に個人認定している)の柏葉さんの描く、ユニークで活気あふれるおばあさんも登場。

この話、作中話が登場するが、その話もなかなか魅力的。その話の内容と、カズが遭遇している話が うまく絡み合い最終シーンへなだれ込む。どう絡むかが面白いというか、さすが柏葉さんの腕の見せ所で、そこは読んでのお楽しみ。

生きるということ、生きがいということ、生と死を考えつつ、物語の中に「生」を吹き込んだファンタジーを楽しく読ませてもらった。佐竹さんの絵もよく、特に作中話の挿絵がすばらしい。ファンタジー好きな小学生高学年・中学生にオススメです。


posted by 灯台守 at 18:33| Comment(0) | ファンタジー