2011年10月21日

日暮らし 下 宮部みゆき

日暮らし 下 宮部みゆき 講談社文庫
あっというまに読了。井筒の旦那は健在だった。初読の時には気がつかなかったちょっとした伏線や、お遊びもあって、懐かしいやら、楽しいやらの一冊になっていた。最後の締めに、手妻の一団がちょっとした芸を弓之助と見せるが、かなり前の部分でその一団が、まったくかかわらない平四郎の話に出てきていてビックリした。なかなか芸が細かい。

この三部作、後日詳細な感想を書く予定。
posted by 灯台守 at 22:47| Comment(0) | 時代物