2011年10月18日

趣味は読書 斎藤美奈子

趣味は読書 斎藤美奈子 平凡社
世のベストセラー解説本である。単なる解説ではなく、かなり毒がある解説になっている。しかも、冒頭の「本、ないしは読書する人について」が相当面白い切り口で、読書を切り取っている。ここだけでも読む価値がある。というか、ベストセラーに対する解説は、まあ一面的な見方のオンパレードであり、これだけ読んで判断するには少々乱暴と言う種類のものである。

とにかく、ベストセラーという訳のわからないものを解説する少々斜に構えた本である。(でも私は好きな本の分類に入る感じである。)
posted by 灯台守 at 22:20| Comment(0) |